リスニング

英語のリスニング力を鍛えたい方に向けて、結果の出る勉強法をご紹介します。

リスニング力で結果が出せる勉強法

日本人が苦手なリスニング。すぐに聞けるようになるのは難しいが、正しい訓練をすれば確実に理解できるようになる。訓練するときの3つのポイントをご紹介。

英語のリズムやイントネーションに慣れる

リスニングの勉強については、英語のCDをただ聞き流すだけの教材もある。でも、「ただ聞くだけ」で英語が理解できるようになるのは小さい子供だけだ。脳が十分に発達した大人には通用しない。

大人が英語を聞けるようになるためには「丁寧に聞く」必要がある。日本語と異なる音を一つひとつ確認していく作業だ。そうやってしだいに英語の発音に慣れることによって、英語耳が形成されていく

1回だけでは身に付かないが、何度も繰り返して訓練すれば必ず聞く力が向上していくことは間違いない。脳に一度定着すれば忘れないので、何度も繰り返そう。少しずつ練習すれば、必ず成果が出てくるぞ。

スピーキング力と同時に高める

リスニングの勉強というと家で一人もくもくとやるイメージがあるが、実際に人と話すことも必要だ。会話には自然と相手の話に集中して耳を傾けるという特徴がある。それは無意識のうちにやっていることだ。
ものすごい集中力が発揮され、一人で勉強していては聞き取れなかった単語をふと聞き取れたりする
。それに人と話すというのは、スピーキング力も同時に高めることができる。

リスニングとスピーキング、この2つは車の両輪みたいなものなので、一緒に鍛えた方が当然効率はいい。もし近くに話し相手がいない場合には、英語教室に通ってでも話し相手を必ず見つけてほしい。その方が確実に英語力が上がるぞ。

速読で早いスピードに慣れる

日本人がリスニングが苦手な理由のひとつに、簡単な単語は一つ一つ聞き取れても、途中で理解できなくなるということがある。なぜなら、英語を英語として理解する「英語脳」が身についておらず、スピードについていけないからだ。
学生時代の英語教育は、英語を日本語に訳する勉強法だった。しかし、この勉強法は翻訳に近い作業のため、実際の会話で必要なスピード感を養うことはできない

リスニングでは、1度聞いた英文をそのまま理解する力が必要なため、ゆっくり頭の中で日本語に翻訳している時間はない。英語を英語として理解できるようにするには、英文を速読して早いスピードに慣れる勉強法が有効だ