スピーキング

英会話で一番大事なのは、スピーキング力。上達したい人のために、効果のある練習法をまとめてみた。

スピーキング力をUPさせる英語の勉強法

伝えたいことがあるのに、うまく言葉が出てこない。
外国の人とコミュニケーションを図る場面で必要なのがスピーキング。

スピーキングの力を伸ばすにはどんな勉強法がよいのか?

正しい発音を身に付ける

スピーキングを上達させるうえで最も大切なのは、正しい発音を身に付けること。
正しい発音さえ身に付ければ、たとえ簡単な英語でも確実にネイティブに伝わる
逆に間違った発音をしていては、いくら高度な単語や文法を知っていても、話す内容は相手に理解されない。

発音の練習は、ひとつひとつの音の違いを意識したり、舌の位置や動きを確認することによって行う。とても地道な作業で苦行に近いが、地道に繰り返せば誰でも正しい発音を身に付けることができる。繰り返すと間違いなくネイティブの発音に近づいていくから、根気よく続けてみてほしい。

簡単な英文を暗記する

スピーキングにおいては、自分の言いたいことを英語でまとめる必要がある。頭の中で行う作業なので鍛え方が難しいと思われているが、実は基本的な英文の暗記が最も効率的だ。

一見難しそうな文章でも簡単な言葉の組み合わせだから、基本的な英文を覚えることによってその基礎を作ることができる。あとは組み合わせを変えて、単語を違うものにすれば立派な応用文の出来上がりだ。覚えていると考える時間を短縮できるから、瞬発力が要求されるスピーキングにおいて絶大な効果が発揮されるぞ。

シャドーイング

シャドーイングもおすすめだ。シャドーイングとは、聞いた英語を続けて同じように発音する勉強法。よく通訳の人が実践している訓練法だが、一般の英語学習においても高い効果が得られる。

英語はリズムやイントネーションが重要だが、日本人が話す英会話は単調なので、ネイティブからすると非常に理解しづらい。シャドーイングによって、リズムやイントネーションを上達させ、この問題を解決することができる。継続していると徐々に流暢になってきて、ネイティブに近い話し方になっているのが自分でも分かるようになるだろう。

話し相手を見つける

これまで話した内容は一人でもできることばかりだ。しかし長いこと一人で勉強していると、本当に上達しているのか分からなくなり、モチベーションが低下してしまうこともある。そうならないように、英語で話ができる相手を見つけることも大事だ。外国人もしくは日本人どちらでもかまわない。外国人であれば、自分の発音やイントネーションが合っているか確認してもらえる。日本人であってもお互いに間違いをチェックし合えるし、なにより相手に負けたくないというモチベーションを高めることができる。

もし、そういう相手が見つからないという人は、短期間でもいいので英語教室に通うことをおすすめする。外国人の先生と日本人の勉強仲間の両方をいっぺんに得ることができるから、劇的に変わる可能性がある。