ライティング

なかなか学ぶ機会のないライティング。でも、英語の文章が書けたらカッコいい。そんな人のために効果のある練習法をご紹介。

勉強法のポイントをおさえるだけでライティング力がUP?

いざ書こうと思っても、なかなか書けない英語のライティング。 でも、大事なポイントを押さえれば、ライティングのスキルを大きく伸ばすことができます。

日本語とは文章構造が違うことを理解する

英語のライティングを勉強する場合、まず日本語とは文章構造が違うことを理解する必要がある。
日本語は伝えたいことを文の一番「最後」にもってくるが、英語の場合伝えたいことは一番「最初」。そのため述語も、最初に持ってくることを理解しておけば、主語+述語の後にどんどん言葉を追加していくだけなので、ライティングをする際とても楽だ。

論理的に考える

ライティングは、語彙力以上に論理力が重要だ。
ライティングの目的は、人が読んで分かりやすい文章を書くこと。では人が読んで分かりやすい文章とは何か?それは、論理的な文章できちんと筋道が立てられている文章だ。
日本語は曖昧な表現が多いため、出来るだけ論理性が要求される英語の文章を書くことを心がけよう。普段の生活の中でも根拠を考えるようにして論理力を鍛えよう。

完璧を求めない

完璧を求めないこともポイント。日本人は特に正解を求める傾向があるが、ライティングの場合必ずしも正解があるわけではないぞ失敗を恐れず、自分の頭で考えて書いてみよう

慣れないうちは、単語も同じようなものしか使えず、幼稚な文章になってしまうかもしれない。でも、はじめから素晴らしい文章を書ける人なんて滅多にいないのだから気にする必要はない。子供が書くような内容であっても、繰り返し書くことによって、しだいに中身が伴ってくるはずだ

良い文章のマネをする

良い文章はどんどんマネをしよう。本でも、テキストでも、新聞でもなんでも構わずにマネをすることによって、その文章に間違いなく近づいてくるぞ。

注意すべきは難しいものではなく、理解しやすい文章をマネること。難しい表現をする=ライティングではなく、人が読んで理解できる文章こそ美しい文章なのだ。